肌研 極潤αのレチノールについて

肌研 極潤αにはレチノール誘導体である「パルミチン酸レチノール」が配合されています。残念ながら純粋レチノールではありませんが、ある一定の効果は期待できます。

比較邸リーズナブルな上に、全アイテムに「パルミチン酸レチノール」が配合されているので、ラインで使用するのがおすすめです。レチノールをできるだけ安い価格で体感したい方におすすめできる化粧品です。
化粧水 ハダラボモイストリフトb化粧水/1,365円(170ml)
乳液 ハダラボモイストリフトb乳液/1,365円(140ml)
美容液 ハダラボモイストリフトb美容液/2,205円(140ml)
マスク ハダラボモイストリフトbマスク/1,260円(4枚入り)

肌研 極潤αのここに注目!

複数の保湿成分を配合

加水分解コラーゲン、アセチルヒアルロン酸Na(スーパーヒアルロン酸)、ヒアルロン酸Naといった複数の保湿成分が配合されています。役割や分子の大きさが異なる保湿成分を配合することで、それぞれの成分が補完し合い、しっかりと肌を保湿することができます。

エイジングケア成分を配合

チオクト酸(α-リポ酸)、トコフェロール、酢酸トコフェロール、カロチンなどのエイジングケアに最適な成分が配合されています。レチノールのエイジングケアをサポートすることらの成分を配合することで、様々なエイジングの悩みに対応することができます。

肌のバリア機能をアップ

ヒマワリ種子油、コーン油、ホホバ種子油、メドウフォーム油などの植物由来の天然オイルがたっぷりと配合されています。年齢とともに皮脂量が減少するので、肌のバリア機能が低下してしまいます。そこで、これらの天然オイルが肌の表面を覆い皮脂の役割を果たしてくれるので、バリア機能を高めることができます。